水子供養

常瀧寺の上部ロゴ画像

090-3844-4991

〒669-3822 兵庫県丹波市青垣町大名草481

キービジュアル

水子供養

兵庫のお寺 常瀧寺の水子供養

常瀧寺の水子供養の歴史

img_jyoryuzi01

常瀧寺の水子供養には古い歴史がございます。

常瀧寺の水子供養の歴史は、今から40年程前、流産された信徒の女性が寺に来られ、水子供養をされたのが始まりです。
当時は檀家様や近隣の方のみがご利用されていましたが、次第に遠方の方々も供養に来られるようになりました。
水子供養をされる方には大きく分けて「出産を楽しみにしていたのに流れた場合」と「諸事情で止む無く流した場合」の2種類があります。

常瀧寺の水子供養は、女性の気持ちに応じた供養をしてあげたいという思いから、数種類の供養の中から選択できるようにしております。

水子供養への想い

水子供養をご要望の方はお気軽に
常瀧寺までお問い合わせください。

水子供養をされる女性には、自分のお腹に宿った命を絶ったという罪悪感のようなものを抱いている方が多くいらっしゃいます。
そうした罪障を取り除き、水子供養の後に母体と向き合って開運招福のお加持をさせて頂く「母体加持」も常瀧寺のオリジナル供養となり、ご好評をいただいております。
これまで長年に渡り水子供養を行って参りましたが、供養が終わった後の女性の涙や清々しい顔を見ると、水子供養に真剣に取り組んできて良かったと感じております。

img_jyoryuzi02

全国でも珍しい「母体加持」の意義

s__29048835

母体加持とは母体と向き合い仏様のご加護を祈念する祈祷を指します。

一般的な水子供養は読経のみの供養となりますが、一回の供養では水子の浄化は難しいのが実情です。
母体加持は、せっかく宿った小さな命を葬ってしまったという罪悪感を持たれた方の罪障を取り除き、仏様のご加護と運気の向上を祈念するもので、全国でも珍しい当寺の特徴となります。
読経供養の後に、この母体加持を修法することで大きな効力があります。

読経供養で施主様の仏性が少しほぐれているので、仏様のご加護が得られやすく、施主様、修法者、仏様が三位一体となり、滅罪小善を目指すのが母体加持の目的です。

水子供養の種類と料金

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒669-3822 兵庫県丹波市青垣町大名草481

090-3844-4991
常瀧寺の風景

TOP