仏教・真言宗について

常瀧寺の上部ロゴ画像

090-3844-4991

〒669-3822 兵庫県丹波市青垣町大名草481

キービジュアル

仏教・真言宗について

仏教・真言宗について

仏教の基本的考え方

お釈迦様

仏教は、皆さまご存知のようにお釈迦様から広がった教えになります。

原始仏教から小乗仏教へと変遷し、現在の仏教は大乗仏教の流れを受けております。
大乗仏教の教えは、欲を少なくして足ることを知る「少欲・知足」です。
お釈迦様の教えの基本は、苦、集、滅、道で苦を無くす「四諦」、四諦の方法として正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念、正定の「八正道」から成り立ちます。

今日、過去の歴史を引きずり、世界中では連日テロなどで多くの方が犠牲になる行為が繰り返されています。
仏教は多神教であり、他を受け入れる素晴らしい教えがたくさんあります。

真言宗とは

お経は速疾成仏とも言われ、早口かつ小さい音で読む特徴があります。

真言宗は別名を「真言陀羅尼宗」「曼荼羅宗」といい、大日如来を本尊とする仏教の宗派です。
弘法大師空海が平安時代に開いた宗派で、中国の青龍寺で恵果に学び、日本へ持ち帰った密教で分派が多いことでも知られます。
修行は身口意の三蜜修行となり、身体、言葉、心の修行を行うことで仏になることができるとされております。
葬儀では授戒を葬儀式の途中に、引導に際しては灌頂を行うのが特徴となります。

常瀧寺の様子

真言宗の教えと立場

真言宗の仏様

悟りについての本質と実践方法を説きます。

宇宙にある無限のエネルギーを感得して時に仏となる「即身成仏」を目指し、「大日経」と「金剛頂経」という両部の経典を大経としております。
身口意の三密の実践を集中して行い、仏様と一体化して仏様に成り切ることを説いております。
真言宗は生きとし生けるものすべての根源である大日如来という仏様の教えが「密教」であるという立場をとっています。
密教とは、師資相承の教えと修行体験をしなければ知ることができない奥義を指します。

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒669-3822 兵庫県丹波市青垣町大名草481

090-3844-4991
常瀧寺の風景

TOP